​FAQ ーよくある質問と答えー

大人の初心者ですが、最初からクラス(団体)レッスンに入るのが不安な場合、個人レッスンは有効ですか?

はい、お勧めします。あなたのペースを考慮しながら、レベルに合わせて基礎の基礎から丁寧に指導しますので、見よう見まねでクラスレッスンを受けるよりも正確にバレエを理解しつつ早くバレエが習得できます。

このページの質問事項は今後も増やす予定ですが、疑問が解決しない場合は、下記フォームよりお問合せください。

来年小学校に上がる子供に集中的にレッスンを受けさせたいのですが、可能ですか?

原則としてバレエの個人レッスンは、小学2年生以上とさせて頂いています。

慣れや個人差はありますが、お子さんが一人で個人レッスンを受けるには、かなりの緊張感と集中力を必要とするため、楽しくなければバレエそのもののやる気をなくしてしまう恐れもあります。

もちろん楽しみながら、休憩も入れつつ指導しますが、個人指導に適しているのは、筋力的にも発達し始める頃が適していると考えます。

それまではお教室でお友達と交流しながら楽しくレッスンして、よりバレエに興味を持てるように育ててあげて

お子さんご本人がもっと頑張りたい!と言う強い興味や意思をお持ちになってからの個人レッスンをお勧めします。

トウシューズを履いて踊れるようになれますか?

経験の有無でレッスン内容が変わりますが、経験者にはその生徒さんの課題を与えて繰り返し練習してもらいます。もちろん意識の仕方から筋肉の使い方など具体的に指導します。

また、履いたことのない生徒さんの場合、バレエのレベルや筋力、柔軟性を見させていただき、今履くべきかどうかの判断をした上で取り組んでもらいます。

​もちろん通常のクラスレッスンよりもポアントでのレッスン時間も内容も濃いレッスンになりますので、ポアントの個人レッスンは踊れるようになる良い意味での近道です。

通常のクラスレッスンとランベルセ バレエの個人レッスンのメリットとデメリットを具体的に教えてください。

メリットは…延べ人数おそらく1,000人を超える生徒さんを指導してきて様々なタイプとレベルの生徒さんに対応できるベテラン教師が担当するので、より的確なバレエへの理解と、あなた独自の足りない部分や課題をより明確にした上でバレエレッスンに取り組めます。

また、通常の基礎レッスンはもちろん、ピルエットのみに特化したレッスンやコンクールのリハーサルなど、

あなたのやりたいことに焦点を当て、誰にも内緒でレッスンすることも可能です。

また当方は、男性教師なので、特にアダジオのレッスンを受けなくても、手取り足取りの指導を受け続けた場合には、あまり違和感を感じずにパドドゥへの課題にも取り組めるようになるはずです。

デメリットは…一人でスタジオ代を負担することも含め、費用が通常のレッスンの2倍~4倍かかることです。

レッスンの内容や自分一人にかかるレッスン時間を考慮すれば、ランベルセ バレエの料金設定に於いては、コストパフォーマンス的には逆にお得と考えております。

また、当方の個人レッスンの場合は、他人との比較や観察が出来ない、発表会のクラスがない、数人で踊る踊りの練習が出来ない等がありますので、クラスレッスンとの併用で受けるのが望ましいと思います。

もしも、男性教師に抵抗がある方、女性教師に教わりたいという方には向いていません。​

レッスンできる時間がバラバラでも受講できますか?

基本的に教師の都合がついて、レッスン可能な場所が確保できれば、いつレッスン時間を設定頂いても可能です。ただし、目白の杜スタジオを使用する場合は8:00~23:00の間となります。

見学は出来ますか?

様々なタイプの方に特化したプライベートレッスンと言う形式上、見学は出来ませんが、身内の方が同伴するのは構いません。